小豆サンの、右上臼歯が、ぱっくり割れていました。
痛みも来たようで、よだれがいつもより多い気がしたのと、
レトリーブをしなくなったので気づきました。

日大の歯学部で、処置をお願いしました。
出来れば抜かない方が…と先生方が確認して下さいましたが、結果は、残念ながら抜歯でした。
抜歯というか、削り取ったという感じです。
歯がしっかり骨についていて(フレブルは歯並びがガタガタですからね…)、
根っこごとに切っても、抜く事が出来なかったそうです。
一時間以上かかりましたが、麻酔から覚めるのもスムーズで、術後の出血も殆どなく、元気にしています。 ご心配おかけしました。

今回、思わぬことでビックリしましたが…飼い主が、体のあちこちをチェックする事、病院で適切な処置を受けられる様に、口を開けること、リラックスすることなどを教えるのは、やっぱり大事だな、と再確認しました。

お腹すいた〜と言っていますので、今日は、食事スタートかな。
関連する記事